ECO家の一族 クローバーワールドの片隅に生きる、とある一族のお話。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< from 愛・おぼえていますか〜Goodbye Day〜ララバイ・オブ・ユー | main | from 白いページの中に〜from A TINY STEP〜永遠と名づけてデイドリーム >>

from 日常或いは平凡な日々〜Girl Friend


ジョー:おまさ姉! 俺はレードゥルさんに師事して、一流の冒険家になるぜ!

おまさ:出来るのか、お前に……?


ジョー:やるさ! そして、おまさ姉を姫姉様の側近から失脚させる!


おまさ:フン、言いおるわ。小僧が。


ジョー:おうさ!



おまさ:ま、せいぜい頑張るがいい。貴様の手並み、見せてもらう。












「そういえば15年後の話にお前は出てなかったな。さては途中で死んだか」


「な、何を言ってるんだよ!」


「ククク。だが、未来は変えられるものだ」


「当たり前だ!」


「……しっかりやれよ、愚弟」













ル・ティシェ:連中はいいとして、お前はどうするのだ。


藍燦燦:私は、サイユ様と共に。


ル・ティシェ:ふむ。


藍燦燦:贔屓目、なのかもしれません。サイユ様はル・ティシェ様やクラファー様を超える方、と思っています。


ル・ティシェ:いや、贔屓目ではない。













藍燦燦:あの方の伝説、その終焉の時まで、私は見届けたいと思います。













ル・ティシェ:さて……。


ケンプ:…………。


































ケンプ:オイィ! 点火してまで逃げるなよ!


ル・ティシェ:フッ……。


ケンプ:チッ。


ル・ティシェ:フフ、フハハ……。


ケンプ:ヘッ……ハハハ……。













アハハハハ。












…………。


…………。


…………。













ル・ティシェ:お揃いで。


サイヨ:先に始めてるぜ。


ル・ティシェ:もう飲んでるのか。


レイガ:この一杯のために生きてるのよ。


ル・ティシェ:なんて退廃的な空気だ。



ウェンティ:私達ぐらいになると、今更生き方は変わりません。この後も、それぞれにそれぞれのやり方で生を刻んでいくだけです。


サイヨ:だから、とりあえず飲む。国に帰れば、またガキどもの相手だ。


レイガ:それぞれにそれぞれの、か。私は、これからもずっと研究、研究かしらね。


ウェンティ:そして、いずれ年下の男の子と恋に落ちますか。



サイヨ:ひゅー。


レイガ:なんの話?!


サイヨ:ククク、この島にいるって事は、全ての設定に通じた状態ってこった。


ル・ティシェ:お前、悪い遊びを教えるなよ。



レイガ:お前ら!












…………。


…………。


…………。













ル・ティシェ:飲まないのか。


メル:ああ。


ル・ティシェ:どうしてこちらを向かない。


メル:何か気を回してるなら、それは違う。海を見てるだけだ。


ル・ティシェ:そうなのか。


メル:そうだ。だから、さっさと行け。













ル・ティシェ:…………。


メル:見るな。無粋は、お前の嫌うところだろう。


ル・ティシェ:……ひとつ、聞きたい。


メル:なんだ。













ル・ティシェ:私は、お前が肩にもたれかかりたくなるような女になったか。













メル:…………。


ル・ティシェ:…………。













ああ、なったよ。

日常或いは平凡な日々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック