ECO家の一族 クローバーワールドの片隅に生きる、とある一族のお話。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< from 瞳を閉じて〜no no darlin’ | main | from 日常或いは平凡な日々〜Girl Friend >>

from 愛・おぼえていますか〜Goodbye Day〜ララバイ・オブ・ユー


イズベルガ:…………。

ル・ティシェ:なんだ、ひとりなのか。


イズベルガ:遺憾ですが。


ル・ティシェ:どうした。


イズベルガ:お母さんは、あいつといますから。顔も見たくないので。


ル・ティシェ:……そうか。


イズベルガ:…………。


ル・ティシェ:…………。



イズベルガ:……お母さんは、あの男を愛していました。


ル・ティシェ:…………。


イズベルガ:自分の今際の際に間に合わない男でも、お母さんは、あの男を愛していました。それは、事実です。


ル・ティシェ:…………。


イズベルガ:私はあの男を許せない。未来永劫、許さない。……そんな私が、2人の前に立つ事はお母さんを困らせます。だから、会いません。ここにいます。


ル・ティシェ:……わかった。













イズベルガ:……姉さん。私は元気でやってる、と伝えて下さい。












…………。


…………。


…………。













ル・ティシェ:お初にお目にかかります。イズベルガのお父様とお母様ですね。


イステル:はい。


ウィルバルト:あなたには娘がお世話になりました。


ル・ティシェ:何もしていませんよ。


イステル:あの、イズは……?


ル・ティシェ:ここには来ません。


ウィルバルト:…………。


ル・ティシェ:あなたの顔を見たくない、そうです。


ウィルバルト:はい。


ル・ティシェ:そして、そんな自分がこの場に来れば、お母様を困らせる、と。


イステル:イズ……。


ル・ティシェ:……それでは私はまだ回らなくてはいけないので、失礼します。


ウィルバルト:わかりました。


イステル:お気をつけて。













ル・ティシェ:そうだ。忘れるところでした。私は元気でやっている――伝言を頼まれていたのでした。


ウィルバルト:…………。


イステル:…………。



ル・ティシェ:誰に伝えてくれ、とは指定されませんでしたので、これはお2人への伝言かと思います。












…………。


…………。


…………。













レードゥル:……ここでいいんですか。


リーゼル:その問いは、そっくりそのまま返させてもらうけど。


レードゥル:……俺は、ここでいいです。


リーゼル:なら、私もここでいいわ。


レードゥル:…………。


リーゼル:……しかし、あいつ強いわね。


レードゥル:兄貴、ですか。



リーゼル:ええ。……ちょっとの経験の差以外、もう負けてるところはない、なんて思ったから、あいつの元から飛び出したのに。


レードゥル:…………。


リーゼル:思い上がりだった、って事ね。私と黒狼が歯の立たなかったあのバケモノを一撃ですものね。


レードゥル:…………。


リーゼル:しかし、驚いたわ。まさかあいつが来るなんて。あなたは、来ても全然おかしくなかったのだけど。


レードゥル:俺も驚きました。


リーゼル:それがお前の選んだ道なら、俺はお前の選択を尊重するだけだ、なーんてのがあいつの十八番だったのにね。


レードゥル:…………。


リーゼル:まあ、いいわ。あいつが息せき切って駆けてきて、そして、あいつの腕の中で消える事が出来たんだから。













私の人生、きっと上々だったわね。

日常或いは平凡な日々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック