ECO家の一族 クローバーワールドの片隅に生きる、とある一族のお話。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< from Heart of Fire〜Don’t say Don’t say anymore | main | from 瞳を閉じて〜no no darlin’ >>

from Tears of Eden


グリューネ:……ここは。

ル・ティシェ:おお、グリューネ。すまないが、少し付き合ってくれ。


グリューネ:はい。












…………。


…………。


…………。













テツロー:お前か。


ル・ティシェ:お前たちか。


テツロー:ああ。


ディアドラ:…………。


テツロー:お前とは、もう一度戦いたかった。


ディアドラ:…………。


ル・ティシェ:私は構わんが。



テツロー:……いや、やめておく。それを望まぬ人たちがいるのなら、それらを無視してまで戦う気持ちは、今の俺にはなくなった。


ル・ティシェ:それもよかろう。


テツロー:……お前が「戦士」と問われて、一番に思い付くのは誰だ。


ル・ティシェ:む。「戦士」だと。


テツロー:いや、言わなくていい。俺がそれになる。


ル・ティシェ:そうか。生半可では、お前の名は思い付かんぞ。


テツロー:わかっている。


ル・ティシェ:……お前も大変だな。



ディアドラ:…………。


テツロー:何故デルタが大変なんだ。


ル・ティシェ:わからぬか。が、それこそお前だ、という気もする。


テツロー:意味不明な事を。


ル・ティシェ:こういうヤツだ。だが、こいつの帰る場所は、もはやお前しかない。


ディアドラ:…………。


ル・ティシェ:そして、それはお前にとっても、同じ事なのだろう。


ディアドラ:……はい。













ル・ティシェ:さらばだ。












…………。


…………。


…………。













ラディウス:やあ。


ル・ティシェ:ご無沙汰してます。


ラディウス:いや、こちらこそ。ところで、私はひとりきりなんだが、誰もいないんだろうか。


ル・ティシェ:それは、私に聞かれても……。


ラディウス:私も地味だなぁ。髪型も変えて貰えなかったし。


ル・ティシェ:ID違いなので、さすがにそちらまでは手がとかなんとか。


ラディウス:3号は変えて貰ったっていうのに。


ル・ティシェ:…………(ダディ、あなたは今ダディです)。


ラディウス:…………(おっと、うっかり)。はぁ。せめて最後ぐらいラケルも、いちゃいちゃしてくれたっていいのに。












ラケル:うざい。


ラディウス:ラケル!


ラケル:いい年して何がいちゃいちゃですか。いい加減嫁離れ、子離れしなさい。


ラディウス:いや、子離れはとうの昔に。ていうか、子供の頃からサイユにはあまり相手にされてなかったんだけど。


ラケル:とことんダメなラディですね。こんなしょぼい男と一緒じゃなくて、テツローのシーンで登場するんでした。


ル・ティシェ:…………(いたたまれん)。


ラディウス:ラケルー、そんな事を言わないでおくれよ。


ラケル:ル・ティシェさん。このしょぼ男は放って、先に行ってください。グリューネさんが待ってますよ。


ル・ティシェ:は、はい。それでは。



ラディウス:ああ、気をつけて。……はぁ。


ラケル:男のため息とか、本当にうっとうしいですね。


ラディウス:ため息も出るよ。


ラケル:…………(でも、あなたがいたから今の私がある事は、十分に理解しているのです。あなたが望むような普通の愛情は私にはないけれど、それでもこれからも、きっとずっと、あなたと一緒です)。


ラディウス:ん? ラケル、どうしたんだい。


ラケル:どうもしません。言えば調子に乗るから、絶対に言いません。


ラディウス:な、なんの話だい。













ラケル:知らん、知らん、ですよ。












…………。


…………。


…………。













グリューネ:ル・ティシェ様、あの……。


ル・ティシェ:すまんな。待たせた。このあたりに……。


グリューネ:え……?


ル・ティシェ:……ああ、そこか。グリューネ、私は先に行く。


グリューネ:?













ル・ティシェ:追いつかなくていい。


グリューネ:? ……あ。













グリューネ:あぁ……。













あぁぁ、ぁぁぁ……!












…………。


…………。


…………。













???:…………。


ル・ティシェ:……どこかでお会いした事がありましたか。


???:……いや。君とは初対面だ。


ル・ティシェ:そうですか。


???:…………。


ル・ティシェ:誰かに会いに来たのではないのですか。


???:今更、誰と会うつもりもない。……いや。


ル・ティシェ:はい。


???:孫にだけは会いたい。ユーノたちの事を頼んでおきたい。


ル・ティシェ:孫とおっしゃった。


???:ああ。



ル・ティシェ:ならば、あの人はあなたにとって今も「娘」なのですね。


???:…………。


ル・ティシェ:…………。


???:行きたまえ。


ル・ティシェ:失礼します。













???:…………。

日常或いは平凡な日々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック