ECO家の一族 クローバーワールドの片隅に生きる、とある一族のお話。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< from リンゴの森の子猫たち | main | from Heart of Fire〜Don’t say Don’t say anymore >>

from 悠久の旅人〜あの日に帰ろう


小鉄:ギ、ギニャーーーッ!

ル・ティシェ:なんだ、小鉄。騒がしいな。


小鉄:あっ、姉様、修羅場ですニャ! 修羅場なんですニャ!


ル・ティシェ:修羅場……。













ヴェルデガルド:全く、あの瀬戸際でまさかあんな事をしてくれるなんて、ね……!


リューガ:い、いや、あれは女王……。


ヴェルデガルド:言い訳なんて、男らしくない!


リューガ:ウッ。


ル・ティシェ:……ああ、これが修羅場か。


小鉄:ですニャ。



リューガ:ル・ティシェ、いいところに来た。お前からも女王への取りなしを頼む。


ル・ティシェ:それは、出来ません。


リューガ:ル・ティシェ……!


ヴェルデガルド:そうよね。当然、あなたは私の味方だと思っていたわ。


ル・ティシェ:私が女王と同じ立場なら、それは腹が立った事でしょうし。男故、ってのはずるいですよ。女にだって譲れないものはある。


リューガ:そ、それは、そうだが……。


ル・ティシェ:せいぜい絞られてください。では、私は行きます。小鉄も、巻き添えを食らわぬようにな。


小鉄:はいですニャー。


ル・ティシェ:……師父。


リューガ:な、なんだ。


ル・ティシェ:ですが、あなたの教え子としては、あなたの最期の業、誇らしく思っています。













リューガ:……そうか。













ヴェルデガルド:フフフ、だからこそ腹が立つんだけどね。












…………。


…………。


…………。













ロート:おっと、いいところに来てくれたぜ。姉さん、そこの女がおっかないんだ。


ル・ティシェ:なんだ、こっちも修羅場か。


パピュア:一触即発、ってヤツだよ!


アツーア:…………。


ル・ティシェ:悪いのは、完全にお前たち2人だ。観念して絞られろ。



ジルバ:やはりそうなりますか。フフフ、では甘んじてお小言を頂戴しましょう。


ル・ティシェ:そうだな。


ロート:だけどよ。あんたなら、俺たちの心持ちってのも、ちったぁわかってくれるんじゃねえか?


ル・ティシェ:知らん。滅多な事は言わん。巻き添えはまっぴらだからな。


ロート:チッ。


ル・ティシェ:では行く。パピュア、任せたぞ。



パピュア:おう!


ル・ティシェ:アツーアが泣きそうになったら、上手く茶々を入れて誤魔化してやれ。


アツーア:……ル・ティシェ! 私がどうして泣いたりするのですか!


ル・ティシェ:知らん。


ジルバ:フフフ。


アツーア:ま、待ちなさい。


ル・ティシェ:逃げます、ぴゅー、だ。













アツーア:……もう、本当に。












…………。


…………。


…………。













ロート:あー、酷い目にあったぜ。


ル・ティシェ:自業自得だ。


ロート:姉さんか。全く、置いて行きやがって。ところで何か用か。俺にだけ目配せをくれてたみたいだが。


ル・ティシェ:ああ。ちょっと会ってほしいヤツがいる。


ロート:あーん?



祥子:ル・ティシェ様、この方は、まさか……。


ロート:なんだ、姉さん。このべっぴんは姉さんの知り合いか。


ル・ティシェ:お前の知り合いでもあるが。


ロート:ん?


祥子:隊長……DEM−ROT−Syx……! 会いたかった……会いたかった……!


ロート:いや、俺はお前を知らんのだが……。


ル・ティシェ:前は「赤髪鬼」なんて呼ばれていたようだが、随分惚けてしまったようだな。


ロート:な、なんだと……? 


祥子:…………。













ロート:……む。しかし、俺の知っている姿とは……。


祥子:…………。


ロート:……ドクターか! ドクターにその身体をもらったのか、AM−130!


祥子:あ、いえ、それは……。


ル・ティシェ:だいたいそんな感じだ。


ロート:そうか! お前、無事に生き延びたんだな! よかった、よかったな!


祥子:ハイ!


ル・ティシェ:積もる話もあるだろう。私は行く。


ロート:おう、じゃあな。


祥子:ル・ティシェ様、ありがとうございました……!












「アツーアやパピュアには、もう会ったのか」


「はい」


「そうか。じゃあ、あいつらと一緒にいるのか」


「はい。ですが、どちらかといえばル・ティシェ様の麾下に」


「あの姉さんか。頼るになる人だ。お前も安心だな」


「はい。剛直で、少し口が悪くて、でも、とても、とても頼りになる方です」


「うむ、うむ」













祥子:…………(まるで誰かと同じように、です)。












…………。


…………。


…………。













ル・ティシェ:……む。























日常或いは平凡な日々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック