ECO家の一族 クローバーワールドの片隅に生きる、とある一族のお話。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< 永遠と名づけてデイドリーム〜from Infiorata | main | from 悠久の旅人〜あの日に帰ろう >>

from リンゴの森の子猫たち


祥子:……あれは。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

パッつぁん!


インスマウス:……それは、俺のことかい?


祥子:パッつぁん、無事だったんですか……?


インスマウス:……いや、俺は「パッつぁん」という名前じゃない。魚違いだ。


祥子:え……でも!


インスマウス:インスマウスの見分けなんて、同族でもなけりゃ出来っこないさ。


祥子:…………。


インスマウス:……あんた、名前は?



祥子:祥子、です。


インスマウス:ああ、名前をもらったんだな。いい名前だ。


祥子:……はい。













インスマウス:さて、俺はライフセイバーの仕事中なんだ。集中してないといけないんでね。もう行ってくれるかい。












…………。


…………。


…………。













イズベルガ:こんな季節に、海に入るバカがいるのですか。


インスマウス:…………。


イズベルガ:それとも、またクラゲを食べたくなりましたか。


カンパチ:……クラゲなんて、もうたくさんですよ。


イズベルガ:いいのですか。


カンパチ:……施設からはなんとか逃げ出したんですが、海に飛び込んで、そこで死にました。仲間が葬ってくれましたよ。



イズベルガ:名乗らねば生死不明のまま、ですか。しかし、それも酷と言えば酷ですよ。


カンパチ:どうすればいいのか、実はよくわからんのです。


イズベルガ:全く。


カンパチ:……姐さん。皆を、ありがとうございました。


イズベルガ:あなたの事は、折を見て伝えましょうよ。


カンパチ:お願いします。


イズベルガ:行きます。元気でいなさい。



カンパチ:はい。姐さんも、どうぞお元気で。












…………。


…………。


…………。













アプフェル:やはり「心」は素晴らしい。美しい、この上もなく美しい「心」たちだ。


ル・ティシェ:まだ言うか。


アプフェル:言うとも。余は「人」が、「心」が、大好きだからな。


ル・ティシェ:チッ。


アプフェル:だが、もう「人」の姿を無闇に与えるのはよす。


ル・ティシェ:……ほう。













アプフェル:切ない「心」の機微は、とても美しい。しかし、余まで切ない気持ちになるのは、嫌なのだよ。













……勝手をほざく。

日常或いは平凡な日々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック