ECO家の一族 クローバーワールドの片隅に生きる、とある一族のお話。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< Vガンダムに出てたのはトマーシュだね | main | アクロ縦断 こころ旅 1日目:ノーザリン岬2 >>

アクロ縦断 こころ旅 1日目:ノーザリン岬1


「誰だってあるんだろー 心の奥にー 宝物の地図ー 大切な場所へー」

ル・ティシェ:…………。


ウェンティ:お嬢。オープニングなんですから一緒に歌ってくれないと困りますよ。


ル・ティシェ:いや、あまりにテーマがぶっちぎり過ぎて、どう反応していいか迷ってました。


ウェンティ:何もぶっちぎってません。今やっている番組のパロディーですから。


ル・ティシェ:チャンネルがBSプレミアムで、メインパーソナリティーが火野正平さんというあたりで、どれだけの人に通じるというのですか。



ウェンティ:相棒のバギオです。


ル・ティシェ:話を聞いて下さい。


ウェンティ:人生、下り坂最高! 通じないネタ、最高! というわけで、お嬢。乗って下さい。


ル・ティシェ:……ウェンティ、免許は持っているのですか。


ウェンティ:持ってますよ。教習所の車はプリムラでした。


ル・ティシェ:降ります。


ウェンティ:冗談ですよ。さて、出発しましょう。













ル・ティシェ:要するに、視聴者から寄せられた手紙に書かれている「こころの風景」を訪ねる、というスタイルへのオマージュですか。


ウェンティ:そうです。


ル・ティシェ:今回の目的地はどこですか。


ウェンティ:ノーザリン岬です。手紙は到着してから読みますよ。













ル・ティシェ:追分といえばバウですね。バウ・アルマの実装以来、バウを倒しにくくなった、なんて話を聞きますが。


ウェンティ:よく聞きますね。バウちゃんに限らず、アルマ達はあれだけ可愛いのですから、そういう心境になるのも自然かもしれません。


ル・ティシェ:全くです。













でも私はアルマとは縁もゆかりもありませんので、普通に轢きますけどね。

こころ旅 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック