ECO家の一族 クローバーワールドの片隅に生きる、とある一族のお話。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< BTBは始動し、赤毛娘は2枚のカードをこしらえる事 | main | 「ニャン斗五車星」とコラボレーション >>

ボクらのBTB 要項

「ボクらのBTB」開催要項


期日:2007年6月16日(土) 22:00〜
 受付時間は21:15〜21:55
場所:飛空庭(場所は下記SS参照)
ネタ:BTB
 BTBはBattle of Ten Boxesの略。
 自ら収集した10個の箱を開けて、その中身の売却額の多寡で勝敗を競うゲームです。
 今回はチームで箱の収集をしていただきます。
参加資格:この記事を精読していただいた方
エントリー方法:当ブログのコメントで表明、ECO内のメールで表明、ECO内で直接表明
 いずれも締め切りは14日(木)いっぱいまで。
守っていただきたい約束事:スキル・アイテム使用の自粛、運営委員の指示中の私語の自粛

…………。


…………。


…………。


実際の流れ


大会前日まで
 まず参加表明をお願いします。
 表明方法は1.当ブログのコメントで表明、2.ECO内のメールで表明、3.ECO内で直接表明となっています。
 参加表明される場合は、職/ベースLV/ジョブLVを明記してください。チーム編成に必要な情報です。
 メールでの表明の場合は「ル・ティシェ」までお願いします。直接表明する場合は、一族のキャラクターであれば誰でも構いません。
 表明しなければ参加できない、ということではありません。また、見学の場合も表明は必要ありません。しかし、今回のイベントの性質上、できるだけ表明をお願いしたいと思います。
 チーム単位での参加表明はなしとします。しかし、どうしても特定の人と一緒でないと参加する勇気がない、という方がおられましたら、ご相談ください。


会場

このあたりに飛空庭を出しておきます。


受付
 受付に声をかけ、OKをもらった後に飛空庭に上がってください。
 必ず受付をしてください。事前に参加表明をしていても受付は必要です。
 入場の制限は「なし」です。
 参加者各位には時間厳守でお願いします。他の参加者の迷惑になるため、21:55までに受付に現れなかった場合、申し訳ありませんが参加者としてイベントに参加することはできません。


チーム発表
 22:00になりましたら、イベントを開始します。
 挨拶の後、チーム発表を行います。同時に各チームのリーダーを発表します。
 リーダーはチームでパーティを作ってください。
 各チームに若干名の運営委員が加わります。監視が目的ではなく、運営委員も一緒に楽しむことが目的です。また、現場での有事の際には運営委員に相談してください。
 回復役の不足などの事態に際して、穴埋めキャラの出撃を依頼することはありません。最もやりやすいキャラで来てください。そのため、回復役がいない、などのバランスの悪いチームにあたる場合もあるかもしれません。その場合は、運が悪かった、と諦めてください。


レギュレーションBTB発表
 レギュレーションBTBはゲームに窮屈を加えるための調節です。
 例 インスタンスダンジョン使用不可 など。
 事前にレギュレーションの内容を3つほど運営委員が考えておきます。それらに番号を1〜3まで振っておき、当日、誰かに任意で番号を選んでいただきます。


質疑応答
 イベントについての質疑応答を行います。
 イベントに直接関係ない質問はご遠慮ください。


基本ルール・制限時間は60分
 作戦立案、収集場所への移動、収集活動、会場への帰還――全て込みでの時間です。
 制限時間内に会場まで戻ってこられなかった場合は失格とします。「戻ってこられなかった」事情については一切忖度しません。セーブポイントのアクロポリスへの変更を推奨します。
 チーム全員で会場に戻ってきてください。誰か1人でも間に合わなかったらチームは失格です。ただし、後述の「不可抗力による離脱」が報告されたメンバーについては不問とします。


基本ルール・収集対象
 全ての木箱、宝箱、コンテナを収集対象とします。
 集める箱の数はチームで10個とします。
 箱の露店買いは「なし」とします。


基本ルール・収集場所
 フィールドおよび全てのダンジョンをイベントの舞台とします。
 収集場所までの移動に制限はありません。飛空庭や移動速度上昇アイテムの使用はありです。
 チーム内での別行動はなしとします。全員同一MAP内で行動してください。同一ダンジョン内での違う階層での行動は認めます。
 例:大陸の洞窟B1FとB5F。


基本ルール・制限事項
 どんな時もチームは一緒での行動を必須とします。
 メンバーの1人が死んでしまい、セーブポイントに戻されてしまった場合は合流を最優先事項とします。死ぬな、殺すな、ということです。
 回線落ちやその他事情によるメンバーの離脱は不可抗力とします。チーム所属の運営委員はその旨をWisで「イズベルガ」に報告してください(返事はしません)。その後の行動は、離脱したメンバーを除いたメンバーで行ってください。
 トレジャーハンターのスキルであるトレジャースキャンニングの使用は禁止します。


収集開始
 リーダーを中心に収集場所の選定を行い、決まり次第出撃してください。


収集時のマナーについて
「自分が楽しむためには、周りも楽しくなけら、いけんいうことよね」
 勝負事ではありますが、風流の心を忘れずに余裕を持って行動してください。
 一般の冒険者に迷惑をかけることは論外です。譲り合いの気持ちを忘れずに。


収集終了
 制限時間10分前に各チーム所属の運営委員から制限時間についてお知らせします。
 先にも書きましたが、チーム全員で会場に戻ってきてください。誰か1人でも間に合わなかったらチームは失格です。「不可抗力による離脱」が報告されたメンバーについては不問とします。
 時間ギリギリで「不可抗力による離脱」が出た場合は、会場に帰還後、チーム所属の運営委員から主催者に報告してください。運営委員が離脱した場合は、同じく会場に帰還後、リーダーから主催者に報告してください。


基本ルール・勝敗決定
 勝敗はドロップ品の総売却額+ボーナスポイント(後述)で決定します。
 売却額はプライスハイクなしの価格で判定します。
 アイテムのレアリティは一切考慮しません。


基本ルール・ボーナスポイント
 箱の中身のアイテムの種別が、事前に発表されたボーナス対象と同じだった場合に、アイテム1個につき総売却額に+100Gします。
 例:ボーナス対象が「食べ物」で、箱の中身が「肉」×2だった場合、総売却額に+200G。


インターバル・箱の受け渡し
 制限時間の60分が終了した後、会場にて10分間のインターバルをとります。
 この時間を使って各チームのリーダーは収集してきた箱をまとめて持ってください。
 各リーダーは司会から指定された解錠係に箱を渡してください。
 渡す箱は原則10個ですが、どうしても揃わなかった場合には、10個以下でも構いません。
 10個を超えて収集した箱は、各チームで分配してください。


ボーナス対象発表
 ボーナス対象アイテムの発表を行います。
 レギュレーションと同じく、事前にボーナス対象アイテムを6つほど運営委員が考えておきます。それらに番号を1〜6まで振っておき、当日、誰かに任意で番号を選んでいただきます。


解錠
 解錠係が預かった箱の解錠を(必要なら鑑定も)行います。
 解錠係は箱を1つ解錠するたびに、中身を発表します。この時、私語厳禁とします。
 解錠の終了後、解錠係から計算係にトレードし、計算係は商人まで走って売却価格を確認します。計算係の出発、帰還に際して声をかけていただかなくて結構です。
 計算係は帰還後、売却価格を発表します。


景品
 最も売却額の多かったチームが優勝となります。
 景品は全チームの箱の中身を総取りとなります。


その他・花摘みタイム
 主催者側では特に時間を用意しません。
 各チームのアイデアで乗り切ってください。


その他・見学について
 開始時と結果発表時以外は、会場には誰もいない可能性が高いので、その点に注意してください(イズベルガが残っていますが、私はそちらの画面を全く見ていません)。


その他・ペットについて
 職や種族の特性の問題(低CAPAなど)から、今回は必要な方に限り、ペット装備を認めます。

 それに伴い、ログ流れを防ぐために、「ペットのセリフをログに出力」をOFFにすることを推奨します。これは強制ではありません。ログ流れが気にならない方は従う必要はありません。


その他・カオスについて
 カオス歓迎。
 ただし、運営委員の指示には必ず従ってください。


その他・質問など
 要項について不明な点がありましたら質問をお願いします。記事の末尾にFAQとして追加させていただきます。


奮ってご参加ください。

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック