ECO家の一族 クローバーワールドの片隅に生きる、とある一族のお話。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フレスラウ事変 I | main | 君住む街へ I >>

フレスラウ事変 II

サン・スーシ館――


ディートリンデ:ヒルデ姉様!

ヒルデ:おや。ディートではないですか。どうしました、息せき切って。


ディートリンデ:お話が!


ヒルデ:なんです?


ディートリンデ:レーベヴォールに、寄進があったのです!


ヒルデ:それは結構な事じゃないですか。しかし、寄進の報告をするためだけに来たのですか。そうではないでしょう。


ディートリンデ:ものすごい額の寄進で、フレスラウ候から……!


ヒルデ:フレスラウ候……? 知らない――。


ディートリンデ:ヒルデ姉様、フレスラウは――!








ヒルデ:……ユスティ。


ユスティ:はい。


ヒルデ:ディートにお茶を。それから、少し休ませて、落ち着かせなさい。大声で、耳が痛いですよ。


ユスティ:はい。ディート様、こちらへ。


ディートリンデ:それどころじゃ――!


ヒルデ:その大声をやめなさい、と言っているのです。ユスティ。連れていきなさい。








ユスティ:はい。さあ、ディート様。こちらです。












…………。


…………。


…………。













ヒルデ:――ラハテンマキ。


ラハテンマキ:はい。


ヒルデ:どこかで聞いた事があった名だと思ったのですが、あなたの前の任地ではなかったですか。


ラハテンマキ:その通りです。


ヒルデ:ラハテンマキ程の者が送り込まれた、という事は、次の帝都ですか。


ラハテンマキ:はい。フレスラウは、この数十年ですっかり豊かになりまして。


ヒルデ:何が起こったのです。


ラハテンマキ:「燃える水」です。








ヒルデ:ああ、それで豊かになったのですか。そして、選帝侯たちに目を付けられた、と。


ラハテンマキ:はい。


ヒルデ:……ディートの出自も、あなたなら知っているのでしょうね。


ラハテンマキ:はい。


ヒルデ:あれは、「選帝」された事によって、故郷が極貧に陥った様を身をもって知っています。……私に、フレスラウを救え、とでも言いに来たのでしょうか。


ラハテンマキ:……もしそうであったら、いかがなさいますか?








ヒルデ:仮に、私の力でフレスラウが「選帝」から逃れられたとしても、別の街が、今度は「選帝」されるわけですからね。












…………。


…………。


…………。













ヒルデ:ディート、落ち着きましたか。


ディートリンデ:……はい。先程は、取り乱して、申し訳ありませんでした。


ヒルデ:いいですよ。さて。あなたは、フレスラウを「選帝」から守りたい、と思っているのですか?


ディートリンデ:……え?


ヒルデ:……違うのですか。


ディートリンデ:は、はい。そんな事は、全く。個人的には、全ての街が「選帝」されてしまえばいい、と思っているぐらいですから。







「この国の帝位は選帝侯による投票で選ばれるんですよ」

「……そういえば前の時、ゾイデンを「今の」帝都って言ってたね。思い出した。そういう意味だったんだ」

「はい。ですから今の皇帝が死んだら、次の皇帝に選ばれた者の治める都市が帝都になります」

「面倒な事をしてるのね」

「選帝侯が有力諸侯を潰すためにやってる事ですから」

「えぇ?」

「皇帝に選ばれたら、当然、帝都の造営をやらなくちゃいけません。街道の整備も必要です」

「ああ、経済的な体力を削ぐんだ」





『ロマンティック・ライゼ』――「旅立ちの序曲 V」より













ヒルデ:ホ、ホ、ホ。これは怖い。では、何故、ここに?


ディートリンデ:ラグンヒルさんとシエルラさんが――。


ヒルデ:エリアス・シエルラ! 「黄金領」にいるのですか!?


ディートリンデ:は、はい。


ヒルデ:そうですか。わかりました。ええ、で、ラグンヒル・フォスとエリアス・シエルラが、どうしたのです?








ディートリンデ:フレスラウ候からの寄進であれば、必ず裏の意味がある筈だから、ヒルデ姉様に報告して、善後策を授かるべき、と。


ヒルデ:なるほど……。


ディートリンデ:…………。


ユスティ:…………。


ヒルデ:そのままもらっておきなさい。


ディートリンデ:よろしいのですか……?


ヒルデ:構いません。信仰故の寄進でしょう。私への口添えが不首尾に終わっても、それはそれ。別件でしょう。もらっておきなさい。まさか、返せとも言ってこないでしょうよ。


ディートリンデ:はい。








ヒルデ:ディート。今日は泊まっていきなさい。明日、ゆっくり戻ればいいでしょう。







 残され星のものがたり 第193話 「フレスラウ事変 II」 終







「次回は6月16日(金)に更新予定です。

 またお目にかかりましょう。ごきげんよう」

残され星のものがたり | permalink | - | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |