ECO家の一族 クローバーワールドの片隅に生きる、とある一族のお話。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< ツラを見てやりましょう | main | より嫌いなのは >>

次は無事には済まない


ヒルデ:おやおや。本当にいるじゃないですか。







メルヒオール:…………。


メルヒオール・ノヴァリス Melchior Novalis
 貴人位階第一位ノヴァリス家当主。
 自身とも妻とも異なる色彩の頭髪を持つヒルデを不義の子と疑い、冷たく接していた過去がある。
 44歳。


ヒルデ:何か用ですか。私はあなたに用はありませんよ。


メルヒオール:……神子殿。本日は、折り入って談合したい事があり、こうしてまかり越した。


ヒルデ:なんです。


メルヒオール:ノヴァリスの、家督について。








ヒルデ:はて。私に何を相談する事があるのでしょう。――まあ、いい。とりあえず、中へ。








メルヒオール:…………。


ヒルデ:突っ立ってないで、適当に座っていいですよ。で、家督がどうしたのです。


メルヒオール:継承していただけるか。


ヒルデ:嫌です。


メルヒオール:では、養子を入れてもよろしいか。








ヒルデ:私に確認する必要のある事ですか。


メルヒオール:それが、ある。


ヒルデ:どういった理由で。


メルヒオール:私の一存で事を運んでは、義兄上の不興を買う事になる。


ヒルデ:…………。


メルヒオール:あなたの事、ミリヤムの事――既に二度、失点をしている。建国以来のノヴァリスといえど、次は無事には済まない。


ヒルデ:…………。








メルヒオール:義兄上も、それを待っているようである。







 残され星のものがたり 第187話 「次は無事には済まない」 終







「次回は5月15日(月)に更新予定となっています。

 月曜日、お待ちしています」

残され星のものがたり | permalink | - | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |