ECO家の一族 クローバーワールドの片隅に生きる、とある一族のお話。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

...Jetzt Zeit

ブールカルト候の居館――


ヒルデ:――そんな手紙、まだお持ちだったのですか。

続きを読む >>
残され星のものがたり | permalink | - | - |

Vor 10 Jahren X

 ファンルースはその日のうちにリントヴルムを発した。

 イステルからの援助を惜しみなくつぎ込んだ彼は、通常なら二ヶ月以上かかる道程を一ヶ月足らずで駆け抜けたのであった。

続きを読む >>
残され星のものがたり | permalink | - | - |

Vor 10 Jahren IX

リントヴルム ファーライ邸――


ファンルース:ふむ。

続きを読む >>
残され星のものがたり | permalink | - | - |

Vor 10 Jahren VIII

リントヴルム パレ・リーゼル 学院長室――


ヒルデ:…………。







 ヒルデがパレ・リーゼルに入学してから二ヶ月が経とうとした頃、彼女に仕える、という使命を帯びてノヴァリス家から派遣された一団がパレ・リーゼルに到着した。

 だが――。

続きを読む >>
残され星のものがたり | permalink | - | - |

Vor 10 Jahren VII

リントヴルム ファーライ邸――


イステル:ヒルデ。髪の補修の後、お茶でもいかが?

続きを読む >>
残され星のものがたり | permalink | - | - |